翻訳に対する私のこだわり

納品した翻訳への修正依頼が技術部門から来たのですが、それに対する私の返信メール&修正データを見て、新しく入った翻訳スタッフの方が意外そうな顔をしていたのがとても印象的でした。
私が修正依頼のかなりの数を退け(解説コメント付き)、最低限の修正しかしなかったことが意外だったようです。
修正してほしいと言う提案は、基本はすべて希望通り修正するものだと思っていたようです。

そういうわけで、今日は、自分の翻訳に対してのこだわりポイントについて少し書いてみようと思います。


私は社内翻訳者として翻訳をしていますが、ある文書を翻訳した後、技術担当の方から修正依頼や質問が戻ってくることがあります。戻りがあるかないかは担当者、文書の種類によって変わります。
戻しをくれる担当者の中には、英語ができる方もあまり得意でない方もいるのですが、たとえ英語が分からない方でも的確な指摘をくれることもあるので勉強になることも多く、それなりにありがたい存在でもあります。

ただ、元の和文からはどうしても見えてこない「そういう意味だったの?!」という、別の意味でビックリな発見があったり、市販の翻訳アプリに入れたらこんな訳が出てきたけれど、この訳と違くていいのか、とかこの時制や文法はあっているのか、等々、担当者により修正依頼や質問の内容、レベルは様々です。

フリーランスの翻訳者の場合は、品質を保証した上で納品をしているのだから、こういった修正依頼や質問にまで対応するのべきなのか・・?もしするなら別料金だという考えもあるかと思います。

でも、私は今は社内翻訳者なので、たとえ面倒でも、ここには少し時間をかけることにしています。
修正を受け入れるものと却下するものをきっちり線引きして、最低限の修正しか基本はしません。その代わり、修正しなかったものに対してはコメントをつけてお返しするようにしています。
こうすることで私の翻訳に対するこだわりを理解してもらい、「ちゃんと考えてやっているのよ~」アピールをし、今後こういうコメントが減ることを期待していたりもします。
実際、不要なコメントは激的に減りました。

修正するのは、基本は「必要なもの」だけ

翻訳者は皆そうだと思うのですが、私は自分の翻訳(少なくとも日英は)に対しては、なぜその用語、文体、時制、文法、を選んだのかと聞かれたら、すべて理由を説明できる、くらいこだわって翻訳をしているつもりです。
ですから、指摘通り修正した方が自分の訳よりもずっと良いと思うか、自分のミスしか基本は直しません。
自分(↤担当者)の持っている辞書に出ている訳だからとか、Google翻訳や市販の翻訳ソフトと訳が違うとか、明らかに今の翻訳より悪くなりそうなもの(自分基準)については、修正しません。 (おかしくてもいいから直してほしいという特別な事情があったりする場合はもちろん別ですが。)

修正しないものには丁寧に解説を、間違いは間違いと認める

その代わり・・というわけではないのですが、直さない理由はきちんと説明します。文法的な説明の場合もあるし、用語についての説明の場合もあります。

そして、ここは大事なところですが、不要な間違いは却下する代わりに、間違いは間違いだと素直に認めます。まぁ、これは当たり前ですね。

さて、こう書いているととても頑固者のように思われるかもしれませんが、自分が翻訳コーディネーター&編集側にいた時には、訳を言われるがままにポンポン修正してくる翻訳者には不安しか感じませんでした。(こんなに簡単に治してしまうなんて、最初に送ってきたものは何だったのだろう?・・と。でもまあ、「納品した後は関知しないから、勝手にしておくれ 」というスタンスだったのかもしれませんが。)
逆に、問い合わせてもほとんど却下され、本当に致命的な間違いがあれば修正する(滅多にそういう間違いはない)翻訳者もいたりして、こういう翻訳者に対しては「信頼できる翻訳者」だと思っていました。

いろいろ考えてきちんと翻訳をしているとアピールするためにも、こういったこだわりは必要だと思うのですよね。

折り合いをつけるのも大事

そうはいってもまあ、自分の主張を通すだけだと、単なる面倒くさい人になってしまいますので、相手の要望もある程度取り入れることは重要だと思っています。

私は社内翻訳者だから・・というのもありますが、技術部門の人ともうまくやっていくことが翻訳の質と同じくらい重要です。
あまり却下ばかりして否定的な感じにならないようにしたり・・というちょっとした工夫も密かにしていたりもします。
相手が納得できない翻訳を納品しても仕方がないので、適度にどっちでもいいんだけどね・・」程度のレベルの修正は盛り込んだりすることもあったりします。(これが先ほどいった「特殊な事情」です。)

ややイヤラシイとは思いつつ、相手と内容、状況を選びつつやっています。
文章が崩壊しそうな無茶な要望もあったりするのですが、翻訳を悪くせずに相手の要望も盛り込めるような、ちょうどいい落としどころを探すのは、結構楽しい作業でもあったりします。

自分の付加価値を見つける

はっきり言って、私の翻訳レベルがどの程度のものなのか、英文をみて正しく評価できる方はあまりいないと思うのですが、内容と翻訳にはそれなりにこだわってそれなりの質に仕上げてくれて、こんな感じにしてほしい・・・という要望は盛り込んでもらえて、多少の無理ならイヤな顔せずに聞いてくれる便利な人、としてそれなりに重宝してもらえてはいるようです。(思い込みではないいと思いたい。)

ただ、これは私のやり方であって、同じ場所で働いていても他のスタッフの方は自分なりのやり方で自分なりの付加価値を見つけていくのがいいと思うし、私自身も、例えば今後職場が変わったり、フリーランスで働くことになったりしたら、今と同じやり方でいくのは無理だと思います。
状況が変われば、その時に一番いいと思えるところに付加価値を見出していくべきだと思います。どこに付加価値を見出すかが、自分の売りにもなるのだと思うので難しいところですね・・。

でも、どんな状況でも、自分の扱う翻訳に対しては簡単に(=無駄に)変えないという姿勢は持ち続けたいところです。

うーん、なんだかまとまりがなくなってしまいました。
ひとまず、今夜はこのへんで。

にほんブログ村 英語ブログ 英語 通訳・翻訳へ
最後までお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。応援お願いいたします。