「DHC英日メディカルコース」課題②添削結果

これもまた少し前の話なのですが、課題第2回目の添削結果について書き残しておきます。

採点結果

結果は200点中144点で、思ったよりも低くてちょっとマズイ。

「基本的な翻訳力と十分な専門知識をお持ちですので、今後はより正確な翻訳を心がけましょう」という講評をいただきました。

要するに、ちょっと雑になっているのだと思います。

反省点

言い訳でしかないのですが、課題に取り組む時間が無くて、隙間時間で進めているような状態です。進み具合がかなり遅れているので焦りもあり、やっつけ仕事的になっているのは否定できません。

仕事だったら絶対にありえない取り組み方なので、反省はしているのですが、とにかく最後まであきらめずに終わらせたいと思います。

気づいたこと

今回、1箇所だけ「誤訳」になってしまった箇所がありました。

when節が係る場所を、私は「主節全体」としてしまっていたのですが、「直前の名詞のみに係る」のが正しい解釈でした。

whenが係る場所が主節全体のなのか、直前の名詞なのか。

この件については実はかなり前から気になっていたので、この点については別記事に書いてみようと思います。

課題の進捗状況

現在、テキスト3の、4つあるうちの3つ目の課題文に取り組み中です。まだ先は長い・・。

テキストは、全部で6冊あります。

このコースは通常9カ月で修了するものなので、私は2月まで。

その後延長する場合は、3ヵ月x2回、または6カ月x1回を有料で延長できます。

私は有料期間に入る前に終わらせたかったのですが、ちょっと厳しいので、延長期間を利用してでもなんとか終わらせようと思います。