2018年12月一覧

上位互換・下位互換・後方互換・前方互換 ~検証~

なぜ混乱状態になっているのか 1つ目の理由は、 上と下の言葉のイメージでとらえるからなのか「上位互換」を『上位』のモノに対して互換性がある、「下位互換」を『下位』のモノに対して互換性がある、という使い方をする例があるからではないかと思います。 今回私が遭遇した原稿は、このタイプです。 ソフトウェアのアップデート関係の文書だったのですが、「バックアップデータは、上位互換です。」という文でした。 ...

2018年のまとめ・反省

早いもので、今年も残すところ、あと数日です。毎年同じことを書いていますが、1年が過ぎるのが年々早くなっていくように思います。 今年は翻訳関係では大きな転機があった1年でした。そんな2018年を振り返ってみたいと思います。

英語の教科書の今と昔

娘(中1)の英語の教科書がリビングに置きっぱなしになっていたのでパラパラとめくってみたのですが、私が習った時代の英語とはいろいろ違うところがあってびっくりしました。(今更騒ぐことではないかもしれませんが・・・。) 教科書は、三省堂の『NEW CROWN』です。

【課題②添削結果】反省点と気づいたこと

これもまた少し前の話なのですが、課題第2回目の添削結果について書き残しておきます。 採点結果 結果は200点中144点で、思ったよりも低くてちょっとマズイ。 「基本的な翻訳力と十分な専門知識をお持ちですので、今後はより正確な翻訳を心がけましょう」という講評をいただきました。 要するに、ちょっと雑になっているのだと思います。