フィードバックのありがたさ

久しぶりの更新です。

先週、本業の翻訳とは別にある翻訳の依頼を受けました。
無事納品することができたのですが、その後、担当者の方がネイティブチェックの結果を送ってくれました。

考えてみたら、私、自分の翻訳をネイティブチェックしてもらったのは初めてかも・・。(DHCの日英実務翻訳コース講座の添削課題はネイティブがチェックしてくれましたが、あの時は今からみるとまだまだのレベルだったので対象外。)

冠詞を少し直されたのですが、内容的にはとても悩んだ翻訳だった割には修正が少なくほっとしました。

でも、指摘を受けた冠詞は迷ったところだっただけに、「迷う」=「間違える可能性高い」と思うようにして、今後も注意していこうと思います。

他に、誤訳ではなかったのですが修正をされていたところもあったのですが、「なるほど!」と思える修正で、目から鱗でした。今後の訳のバリエーションの一つとしてしっかり押さえておきたいと思います。

フィードバックってなかなかもらえるものではないと思うので、とてもありがたかったです。


ところで、今回のフィードバックはネイティブチェックと翻訳チェック両方の結果だったのだと思うのですが、チェックのレベルが高いと感じました。(無駄な修正は一切ありませんでした。)

チェッカーさんが優秀なのか、無駄な修正は担当者の方がはじいてくださったのかはわかりませんが・・。

その会社からはチェックのお仕事も何度かいただいているのですが、資料もしっかりそろっているし、翻訳の質もいいし、チェックがとてもしやすいのです。(確認する資料も多いと言えば多いのですが、あまり苦にならない。)

これまでひどい翻訳のチェックをしたことは何度もありますし、自分が翻訳手配するときに、いい翻訳を入手できるように翻訳手配するのが大変だったのが記憶にあるので、ひそかに手を叩いています。

ちょっと気持ちの良いお仕事ができたので、ブログに書いてみました。