トラックボールマウス購入

トラックボールマウスを購入しました。
今日の記事は、この新しいマウスを使いながら書いています。

小さい手の人にも使える小型のトラックボールマウスです。

小型のトラックボールマウス、使い心地は?

これまで使っていた小型マウスと縦幅は同じくらいのものを選びました。
ちょうど自分の手のひらで包み込めるくらいのサイズです。

 (縦幅 約9.5 cm)

書斎の専用の机では、自分の目の前にキーボードと23インチの液晶ディスプレイを、右側に15インチのノートPCを置いて、2画面で作業をしています。

こんな感じ↓

 (マウスの作業スペースが狭い。)

写真を見るとお分かりのように、マウスのためのスペースがとても狭いので、普通のマウスだと、「ある程度まで動かしたら、マウスごと宙に浮かせて元の位置に戻してまた操作」・・というやり方でマウスを使っていました。

トラックボールマウスだとマウス自体は1か所に固定しておけるので、マウスを動かす場所が確保できない人にはとっても便利ですね。

ただ、今まで人差し指で動かしていたホイールを中指で操作することになること、トラックボールを転がすために、今まで全く使わなかった親指をたくさん動かさなくてはいけなくなること、この2つだけでも、慣れるまでにはしばらく時間がかかりそうです。

トラックボールを少し動かすだけでカーソルが勢い良く動いてしまうので、私はポインタのスピードを少し下げて使っています。
慣れてきたらもう少しスムーズに動かせるようになり、速度を上げた方(=元の設定に戻す)が使いやすくなるのかもしれません。

無線(2.4GHz)か無線(Bluetooth)か?

このトラックボールマウスには有線、無線(2.4GHz)、無線(Bluetooth)の3種類のタイプがありました。

有線は選択肢になかったのですが、無線のうちどちらを選ぶか迷いました。

少し迷いましたが、Bluetoothを選びました。

レシーバーを買っておけば、今後キーボードを無線にするときにはUSBコネクタが1つ空くことになるからです。
あとは他にイヤホンなどBluetoothの機器をつないだりもできるし。

まあ、でも、PCと一緒に使うBluetoothの機器なんてそれほどないかな?それなら、無線(2.4GHz)でもよかったかもしれませんね。

一緒に購入したBluetoothレシーバーはこちらです。

今回購入したマウスですが、真っ赤なトラックボールがとってもカッコいいです。
黒いマウスによく映えます。

赤好きにはたまりません。