続:“翻訳会社に期待していない人をどう説得するか、悩む。

前回の記事の「その後」について、少しだけお知らせです。

かなりもやもやしています。
ここですべてを書くわけにはいかないので、あいまいな内容になってしまうと思うのですが、少しだけ書かせてください。

協議の結果、私がカバーできない分については、翻訳会社には出さずに社内でなんとかすることに決定したそうです。

つまり、社外に出る取説部分は私が担当し、キャパを超えた社内文書に近い部分については、新たに臨時の派遣社員を採用して対応するらしく、さらには私はその新しい人にノウハウ(?)を伝える役も担うらしい。

いろいろな点でいろいろと思うところはあるのですが、まあ、そう決まったなら従うしかありませんね。

翻訳会社に頼まなかった理由の1つは、相当の翻訳量なので、予算を越えてしまうということも大きかったようです。

それよりも派遣社員2人にやらせた方がコストを抑えられる・・ということですね。
それなりの額しか予算が割り当てられなかったということは、翻訳文書の存在が重視されていないということかと残念な気もしますし、それだけ自分の単価が安い、ということなのだと思うと複雑な気持ちです。)


そうそう、付け加えておきたいことが1つあります。

上司の方の「いや、どこにどう出しても、結果は同じだから。」という言葉は、翻訳会社に対する信頼感のなさだけからくるものではありませんでした。

予算の低さに加え、「(自分たちが書く)和文がひどい。こんなひどい和文だったら誰がやっても同じ結果になってしまうよ」という、原稿の悪さも問題視しているようです。

悪い日本語を出せば、それ以上の翻訳はしてもらえないのは当然だと。
(本当はそうじゃないと思うのですけれどね。わかりづらい文でもわかりやすい訳文にするのが私たちの腕の見せ所だと思いたい。)

翻訳会社だけが悪いと思っているわけではないようだし、いい文書を作りたいという気持ちでいろいろ考えていらっしゃる方なだけに、何とかできそうな気もしていたのですが、なかなか話がかみ合わない感じがしています。

前回の記事で書いたように、翻訳会社を頼ろうという気持ちがあまりないことを残念に思ったことに加え、根本的な問題として、「ちょっと英語ができる人なら翻訳ができる」と思っていることに問題があるのではないかと思っています。
翻訳会社にできないことが、「ちょっと英語ができる」程度の人にできるのか。

まあ、私もそういう基準で採用された身なので、あまりエラそうなことは言えないのですが、取説の知識や経験にはそれなりに自信があるし、翻訳についてもそれなりに勉強してきたという自負はあります。こう書くとものすごい自信満々なイヤな人のようですが、そういう意味ではなく。

ここまででそれなりの成果があったからこそ、派遣社員で行けるんじゃないかと思っていらっしゃるのではないかと思うのですが、なんだか割り切れない、とてももやもやしたものを感じてしまっています。自分が「ちょっと英語をできる程度の人」で、「翻訳者」としてみてもらえてないのがもやもやしているのかもしれません。とても評価はしていただけているのですが、それでも「プロの翻訳者」ではなく、「派遣の女の子(おばさんだけど)」扱いで、私の過去の経験を見て、うまくそれを利用しようとか、そういったことを考えてさえもらえないことにもやもやしているのかも。
この会社は派遣社員の地位がかなり低いので、言いたいことを言いたいように言えないというか、いう場がない。

本当に全部イヤなら辞めればいいじゃないかというお話なのですが、そういうわけにはいかないところが難しいところです。

まあ、とにかく。
翻訳会社に出してくれた方が、出し方の提案だけで済むので、納得できたかもしれません。

翻訳会社に出さないことにしたとしても、複数の文書を複数の翻訳者で分担するのであれば、なおさら事前に手を打つ必要があると思うので、それについても提案メールを出してみました。

でも、それも華麗にスルーされてしまったので、モヤモヤ。

もう少しあきらめずにアピールしてみて、それでもダメなら、せめて自分の担当箇所だけでも、それなりの質を死守するつもりです。


あ、最後に1つだけ、誤解をしないでいただきたいのですが、
このお話では、「派遣社員」として採用した翻訳者が良くない・・ということを言っているのではありません。
(他の会社であれば、派遣社員でもレベルの高い翻訳をなさる方はたくさんいらっしゃるのだと思いますが、この会社で採用しようとしている派遣社員が、「翻訳経験」が特に求められていなくて、英語がちょっとできれば翻訳もできるだろうと考えた基準で採用されているのを知っているからです。自分はそれで採用されておきながら、そこにもやもやを感じるのは、矛盾以外のなにものでもない、ずいぶんと勝手な話なのですけれどね。ただ、私と同じ時期に採用された方は、話す方は問題なかったのですが(かなりブロークン)、ライティングもブロークンすぎて、すぐに契約終了となってしまった人もいたりした経緯があります。)

英語がちょっとできれば翻訳もできる、という考えが残念だ・・という話ですね。

コメント

  1. ローズ三浦 より:

    こんばんは。

    その臨時の派遣社員がどの程度できるかによりますねw

    誰もが未来堂さんのように優秀なわけではないでしょうし、
    会社が「未来堂さんができる=派遣社員が全員このレベルでできる」という認識じゃなければよいのですが・・・

    • 未来堂 より:

      ローズ三浦様
      こんばんは。
      コメントありがとうございます。

      今回どんな基準で新しい方を採用するのか全く分からないのですが、もしベテランの方がいらっしゃるのであれば、レベルが低いと思われないように頑張らなくちゃいけないな、と結構ドキドキしています^^
      逆の場合だったら、その時はその時ですね。

      でも、私のいる派遣会社や、よくある大手の派遣会社とは違う、専門のスタッフがいそうなところに連絡をしていたようなので、かなりベテランの方がいらっしゃる可能性大・・です^^