『特許英語マスターシリーズ パートIII(前置詞編)』を受講しました。

前回「特許英語マスターシリーズ パートI」(過去記事はこちら)に続き、「特許英語マスターシリーズ パートIII(前置詞編)~前置詞完全制覇~」を受講してきました。

パートIIが11月末だったので、少しあけての開催となりました。
(パートI、IIが大人気だったので、再開講されたそうです)

前回までのセミナー同様、分厚いテキストに沿った長時間の講義となりました。

このところかなりの寝不足状態なので、講義中眠気に襲われるではないかとひそかに心配していたのですが、話を聞いてメモを取るのに必死で、眠さを感じる暇もないほど濃い講義でした。

マスターシリーズで扱われている文法事項は、例文が全て特許関連の文ですが、他の分野の文章であっても共通する内容になっています。そのため、特許分野の方でなくてもとても参考になる内容なのではないかと思います。

前置詞については割と問題なくマスターできていると思っていたのですが、やっぱりなんとなく使ってしまっていたものがあり、その前置詞を使わなくてはいけない理由やその用法を改めて知ったもの、手探りでこれで大丈夫だろうとおもって使っていたものに確信が持てたものなど、いろいろありました。
今回のセミナーもとても充実したセミナーだったと言えます。

次回は7月に、パートIV(接続詞編)が開催されるそうです。
こちらも逃さずに受講するつもりです。