WordPressでブログを作成

WordPressのブログをお持ちの方はご存知のことかと思いますが、初心者にとってはブログを稼働させるまでがかなり大変なのではないかと思います。

簡単にできるだろうと高を括っていたのですが予想以上に苦労したので、参考になった本や疑問に思った点について、体験談を踏まえてメモとして残しておこうと思います。

WordPressは参考書もたくさん出ていますし、ネット上でもいろいろな情報を見つけることができるのですが、沢山ありすぎるだけに、まず何から始めればよいのか、少しわかりづらく感じました。

WordPressを使うのに最低限必要なもの

WordPressでブログを作るにあたり、最低限必要なものは何でしょうか。

このあたりは参考書を買う前にまずインターネットで調べました。(初心者向けの参考書には必ず丁寧な説明があります。)

  • ドメインの取得
  • サーバーのレンタル

ドメインの取得は必ずしも必要ないようですが、ビジネスに使うのであればドメインの取得はしておいた方がよさそうです。
ドメインの取得もサーバーのレンタルもどちらも有料なので、WordPressでブログを作るかどうかの初めのハードルになるのではないでしょうか?

私が初めに「フリーランスになってからWordPressのブログを始めよう」と思っていたのは、「有料」であることがポイントになったためです。
最終的には「勉強代」と考えて先に始めることにしたわけですが、ある程度継続させないと無駄になるので、それなりの期間、それなりの頻度でブログを更新できる見込みがあれば、踏み切ってしまっても良いのかなと思います。

さて、私はサーバーは「ロリポップ」と「XSERVER」と迷いましたが、「XSERVER」を選びました。
理由は1つ。5月末までのキャンペーンで「ドメインが永久無料」だったからです。

ドメインは.com、.net、.org、.info、.bizの5種類から選択できました。
私は.comにしました。(他の翻訳者の方々のブログ等を参考にしました。)

ドメインをどんなものにするかとても迷いました。
個人的には屋号が理想だったのですが、ブログタイトルの一部+ハンドルネームにしました。(話はそれますが、「未来堂」は本屋さんの名前にもあるので屋号としては使えなそう。たぶん、屋号はつけず、本名のみになりそうです。)

さて。
この時点で1冊参考書を買うことにしました。

はじめの参考書におすすめなのは?

参考になったのは、この本です。

ドメインの取得、サーバーのレンタル、WordPressのサーバーへのインストール、最低限の初期設定までの一連の作業についてなら、この本が一番一番わかりやすいのではないかと思います。

初期設定の作業までは、全く問題なく、あっという間に終わりました。
「簡単じゃ~ん♪」と調子に乗ってしまったのは、たぶんこのせいです。

この本は、WordPressのインストールまでと、その後の全体的なイメージをつかむにはよかったのですが、その後はあまり参考になりませんでした。

 次は何をすればよい?2冊目の参考書は?

WordPressではテーマを選んでブログをデザインしていくことになりますが、どんなテーマを選んでも、最初はのっぺらぼう状態なはず。

こののっぺらぼうな状態から、何をどうすればブログとしての体裁が整うのか、それが全く分かりませんでした。
ネットで検索しても、「見出しの設定の仕方」とか、細かい設定については見つかるのですが、そもそもの大前提が全く分からなかったのです。(私だけでしょうか?!)

いきなり挫折しかけた私が次に読んだ本はこれです。

この本のおかげでウィジットを使ったり設定を変更すればある程度まで体裁を整えられることが分かり、ようやく本格的にデザインが決められました。
フォント、スタイル等はスタイルシートに手を加えればかなり自由にデザインの変更ができます。私はCSSは何となくしかわからないのですが、HTMLの知識は多少あったため、さほど抵抗なく入っていけました。

その他細かい設定については、テーマとキーワードで検索すれば、沢山のサイトで情報が見つかるはずです。

ここまでできれば、記事の投稿については他のブログとほとんど変わりません。

私はSimplicity2というテーマを使用しています。
かなりシンプルなデザインなので、少し手を加えないと味気ない感じになってしまうので、これから少しずつ手を加えていきたいと思います。

またなにか気になることなどがあれば、記事にしてみたいと思います。