JATセミナー『フリーランス翻訳者の仕事術』に参加しました。

JAT(日本翻訳者協会)にとても興味があるので時々HPを見ているのですが、面白そうなセミナーを見つけたので早速行ってきました。

テーマは、フリーランス翻訳者の仕事術~商品は自分、切り口は自在~、矢能千秋さんによる講演でした。

初めて参加したセミナーでしたが、いろいろと考えさせられた、大変有意義なセミナーでした。

今後の自分のライフプラン、キャリアプランの見直し、セルフプロデュース・セルフブランディングの必要性を改めて実感しました。

もちろん、前提として、確固たる英語力があってこそなのですけれども・・。

衝撃の言葉

セミナーで矢能さんがお話された中で、衝撃を受けたことばが2つあります。

『勉強中だから』、『まだ駆け出しだから』なんて、翻訳者を名乗る以上は口が裂けても言ってはいけない

この言葉には、身が引き締まる思いでした。

考えてみれば、当たり前の話なのですけれども、ついつい言い訳にしてしまいたくなります。
「まだ勉強中だから」・・と。

でも、ベテランの翻訳者であっても、常に勉強中なのでしょうし、何よりも、お客様からお金をいただく以上は、そんな言い訳は通用しません。そんな言い訳をしている人にお仕事を頼みたいなんて、思う人もいないでしょう。

この言葉を言い訳にするのだけは、やめようと思いました。

そして、もう一つ。

逃げ道を作らないこと

ついつい楽な方に流されてしまうのが人間です。
逃げ道があれば、精神的には楽になります。後からそれを言い訳にもできるわけですし。

でも、あえてその逃げ道を絶つことで、前に向かう・・。
これを実践していくのは大変なことですね。

その他にも、いろいろなお話をくことができました。
現役で活躍されている方から伺う話は、本当に参考になることばかりでした。
矢能さんの講演をまた聞ける機会があれば、是非行ってみたいと思います。

矢能千秋さんをはじめ、雑誌などでよくお見かけする大御所の先生もいらしていました。
お声をおかけするチャンスもあったのですが、無理でした。

恐れ多くて・・。
胸を張って、挨拶できるようになりたいと思いました。


ところで、このJAT、コンセプトが翻訳者にとって素晴らしいと思いますし、活動そのものにも大変興味があるので、いつか入会したいと考えています。

ただ、まだ「翻訳者です!」・・と胸を張って言えない状態なので、登録するのはまだ早いと思っています。

自分で設定した目標がありますので、そのレベルに達した時に入会をしようと思います。。

*この記事は2016年1月31日にアメブロに投稿した記事を再編集して掲載したものです。
元の投稿と同じ日付にしています。