Chrome拡張「その本、図書館にあります」が大活躍(&おすすめの本を1冊)

Chromeの拡張機能の中に「その本、図書館にあります」という拡張機能があるのですが、Chromeをブラウザとして使っている人には、かなりおススメな機能です。 この拡張機能を追加し、あらかじめ図書館を登録しておくと、Amazonで検索した本がその図書館にあるかどうか、また、もしあるならそのステータス(「貸出可」など)が画面に表示されるようになります。

たばこと塩の博物館に行きました。

たばこと塩の博物館で開催されている、マッチ箱ラベルの特別展へ行ってきました。 これまでは、「マッチ箱のラベルはデザインが素敵だな」程度の見方しかしていなかったのですが、小さなマッチ箱のラベルにこれほどまでの壮大なドラマがあるとは思ってもいませんでした。

『言語学の専門家が教える新しい英文法』を読みました。

積読本をせっせと読んでいます。 『言語学の専門家が教える新しい英文法』 を先日読み終えたのですが、なかなか興味深い本でした。 この本は、「関係代名詞の外置」について調べているときにたまた見つけて買ったものです。「外置」についてはもちろんのこと、それ以外のことも多く取り上げられており、理論言語学の観点で解説されています。かなり面白い内容になっています。

新大久保に行ってきました。

私の母は韓国ドラマが大好きで、部屋のテレビではKBSワールドがひたすら流れています。せっかく毎日韓国語を耳にしているのだから・・と韓国語学習を進めていたのですが、15年間断られ続けていました。ところが、今年の4月から、とうとう孫(私の息子・小5)と共に、NHKの「まいにちハングル講座」を始め、今のところは頑張って続けている様子です。 さて、そんな母と、twice好きの姪っ子と共に何度も新大...

セリアの液晶保護フィルムが素晴らしい

先日、ダイソーの300円マウスが素晴らしいと書きましたが(→過去記事はこちら)、今日はもう1つ、素晴らしい100円ショップの商品を紹介したいと思います。 それは、セリアの液晶保護フィルム。 ブルーライトカットで強化ガラス、しかもかなりしっかりしたパッケージですが、なんと100円です。

聖書の内容を把握するには、このマンガがおススメ

私自身はクリスチャンではありませんが、友人の1人がクリスチャン(プロテスタント)なので、キリスト教や聖書に触れる機会がこれまでにもたびたびありました。 キリスト教や聖書の知識は外国の文学や芸術を理解する上でも必要不可欠なものなので、良い本があれば自分でも読みたいし、娘にも読ませてあげたいと思っていました。そんな話を私の友人に伝えたところ、友人が娘に聖書のマンガをプレゼントしてくれました。 ...

翻訳フォーラムシンポジウムの情報収集&自分の今後について考えたこと

先週末の翻訳フォーラムシンポジウム2019。参加したい気持ちでいっぱいでしたが、都合により参加できませんでした。 昨日あたりから、参加された方のツイートまとめやブログ記事を読ませていただいています。実際に参加された方が得たものには到底及ばないとは思いますが、それでもいろいろと学べることがたくさんあります。情報を発信してくださっている方々には本当に感謝です。

Surface Proを入手!

私の最年長の友人(70代)からSurface Pro4をいただきました。なんと、無料で。 キーボードとタッチペン付き。 私のメインPCはノートPCなので家でも外でも自由に移動できるのですが、外に持ち出すには少し重いし(壊れてしまったらと思うと恐ろしいので家でだけ使いたい)、気軽に持ち運べるsurfaceが欲しいなあと、ずーっと思っていました。

nomophobia

nomophobiaという単語を最近初めて知りました。 最初、monophobiaと見間違えてしまい、「????」な状態だったのですが、よく見たらnomophobiaでした。