『アプリ翻訳実践入門』を予約しました。

西野竜太郎さんの『アプリ翻訳実践入門』を予約しました。 UI翻訳について、基礎的なことを改めて確認したい 私は今、分析機器や医療機器の取説翻訳をやっていますが、こういった機械はPCにインストールしたアプリから操作するため、機器側の取説に加え、アプリの取説も一緒に作ることになります。 アプリの取説といったら必ず必要になるのはUI(ユーザーインターフェース)の翻訳。 要するに、アプ...

時々やってくる「ヒラメキ」と「サクサク感」

少し前に、半分が自分の専門分野の範囲、半分は自分の専門を超えた内容の翻訳依頼をいただきました。 その会社からの初の翻訳依頼だったのですが、一部がどうしても理解できず、納得の行く英文が書けませんでした。ついには「こんな品質だと迷惑をかけてしまうのではないか」と考え、この仕事を受けたこと自体間違いだったのではないかとさえ思いました。 あちこちひたすら調べて、もう専門家になれるのではないかと...

フィードバックのありがたさ

久しぶりの更新です。 先週、本業の翻訳とは別にある翻訳の依頼を受けました。 無事納品することができたのですが、その後、担当者の方がネイティブチェックの結果を送ってくれました。 考えてみたら、私、自分の翻訳をネイティブチェックしてもらったのは初めてかも・・。(DHCの日英実務翻訳コース講座の添削課題はネイティブがチェックしてくれましたが、あの時は今からみるとまだまだのレベルだったので対...

「四捨五入」の英語表現

私は根からの文系人間なようで、数学はあまり得意ではありません。 そんな私が翻訳を始めてから最初に出くわした数学ネタ。 それは、「四捨五入」についての表現です。 意外と簡単な単語だけれど、それまで全く知らなかった表現でした。 そして、日本語とは表現の仕方が一見似ているようにも見えますが、ちょっと違っているというのがとても面白いと思った記憶が残っています。

『 実例から学ぶ辞書活用セミナー』に参加しました。

サンフレア・アカデミーで開催された、高橋聡先生の『 実例から学ぶ辞書活用セミナー』に参加しました。 全体の7割くらいが辞書や辞書環境についてのお話で、3割が事前課題を例に、辞書の情報をどう活かしていけばよいかを説明する、という流れでした。 貴重な情報がぎゅぎゅっと詰まったセミナーで、3時間があっという間でした。